浮気調査を探偵に依頼する前に注意したい悪徳探偵の見極め方&優良探偵の共通点をピックアップして浮気調査、人探しを得意とする探偵社を徹底検証。



「※ 浮気調査を探偵に依頼!《10の指標で徹底検証》」について
昔から「女のカンは当たる・・・」と言われていますが、某雑誌によると実際に「夫がナンカあやしい・・・」 と思ったら、8割以上の確率で当たっているそうです。最近急な出張が増えた・・・ケータイを家の中でも持ち 歩くようになった・・・など、ほんの些細な変化が浮気のサインであることが多いのです。実際にアナタの配偶 者が浮気をしていたとしても、まずは冷静になる事が大切。そして大きく深呼吸してみましょう。そして、とに かく「相手が認めざる得ない客観的かつ決定的な証拠」を掴むことを考えなくちゃいけません。。だからと言っ て、24時間付いて回って貼りこむわけにもいかないし、万が一二人が逢っている現場を見つけても、慌てて撮 ったピンボケの写真じゃ「他人の空似だ」と言い逃れされてしまいます。一度自分が疑割れていると思ったら用 心するようになるので、ますます証拠を掴むのが難しくなります。警察ではありませんが浮気調査は「初動捜査 」が肝心。だから、浮気調査は専門家に任せるのが一番なのです。「探偵事務所」や「興信所」など、信用調査 を行っている機関があなたの街にも必ずあるハズ。電話帳やネットで調べてみてください。その際確認しなけれ ばならないのが、何と言っても料金のこと。一口に「浮気調査」と言っても、その料金設定は会社によって様々 。中には法外な高額料金を請求してくる業者もあるので注意してください。具体的には、「基本料金」の有無、 料金設定は「一日単位」なのか「時間単位」なのか、追加料金の発生はどんな時か・・・などを確認し、必ず複 数の業者から見積もりをだしてもらいましょう。次に確認したいのが、「情報管理」についてです。実際に調査 を依頼するとなると、依頼するあなたの個人情報を知らせなくてはなりません。そして、調査対象の情報や画像 が絶対外部に漏れるようなことがないように、セキュリティー面や調査資料の保管方法・保管期間も確認してお くべきでしょう。また、調査報告書がどのようなものかサンプルを見せてもらったり、どのくらいの頻度で調査 経過の報告があるのかも知りたいところです。最終的に浮気が確実となり何らかの法的手段(離婚や訴訟など) を取る場合に備えるなら、弁護士の紹介してくれるアフターケアが充実している業者がいいかもしれません。